公式テキスト・学習サポート

学習について

福祉住環境コーディネーター検定試験®の学習について

福祉住環境コーディネーター検定試験では、では、医療・福祉・建築と多岐にわたる分野の知識を体系的に学習することができます。
各分野の基本的な内容から、実際の福祉や建築、まちづくりの事例など、実践的な内容を学ぶことで福祉住環境コーディネーターとして、様々な専門家と協力してクライアントに必要な施策や提案を行うための総合的な知識を養います。

公式テキストの利用がおすすめ。

公式テキストでは、各テーマごとに福祉住環境コーディネーターに求められる知識を整理し、幅広い分野をカバーしています。
実践事例も掲載し、学習で得られた知見が福祉や建築、まちづくりの現場でどのように活用されるのかを理解していただけます。

福祉住環境コーディネーター検定は以下のような方々におすすめです!

対象者
1級 行政の都市整備担当者、大規模な福祉施設の企画・設計に携わる方等
2級 建築士やケアマネジャー、福祉用具専門相談員、介護福祉士、作業療法士、理学療法士など、専門分野+αの知識を身に付けたい方
3級 住宅メーカー、不動産、福祉用具、工務店等の営業担当者自宅の新築やリフォームを検討している方

2級・3級の合格者の方に聞きました!

・勉強した期間・時間はどのくらいですか?

2級の勉強期間
2級の勉強時間(1日あたり)
3級の勉強期間
3級の勉強時間(1日あたり)