公式テキスト・学習サポート

問題にチャレンジ!

アドバンスクラス 試験問題例

カラーコーディネーター検定試験®公式テキストの内容を全て盛り込み、理解のポイントやQ&Aでわかりやすく解説しています。また、各章末の練習問題およびリポート問題を解くことで理解度が高められます。

問題

次の文中の【 】の部分に、下記の選択肢から最も適切な番号を1つ選びなさい。

安全色としての赤紫には、放射能、【ア】の意味が与えられている。
色は視覚言語である、と言われているように、固有の感情効果によって【イ】に直接語りかける。
化粧品は人の肌に直接かつ長時間触れるものであり、用いる色素には【ウ】が求められる。
同一の要素や対象が規則的に【エ】する配列をレピティションといい、色の個性が際立ち過ぎたり、対立的で統一性に欠けたりする配色を、まとまりのある印象へと導く効果がある。
1950年代の色として人気を呼んだものに、映画に見られるファッションである【オ】がある。

[アの語群]

①注意警告

②極度の危険

③安全状態

④緊張状態

[イの語群]

①感性や美意識

②理性や価値観

③伝統や文化

④気分や個性

[ウの語群]

①高度の安定性

②中程度の保温性

③高度な安全性

④高度な保湿力

[エの語群]

①転調

②移調

③反復

④増幅

[オの語群]

①シネモード

②スターファッション

③ムービーモダン

④ナタリールック

解答

[ア]② [イ]① [ウ]③ [エ]③ [オ]①