受験案内・お申込み

試験方式について

  • 筆記試験
  • ネット試験
受験方式 筆記試験
試験内容 1・2・3級
概要 会場集合型の紙試験です。詳細はこちら
試験日 日程一覧をご覧ください。
試験時間
(制限時間)
【1級】 3時間(集合時間 9:00)※1級は別途休憩時間あり ※別に説明・配布・回収など約30分
【2級】 90分(集合時間 13:30)※別に説明・配布・回収など約30分
【3級】 60分(集合時間 11:00)※別に説明・配布・回収など約30分
受験料 【1級】 7,850円(税込)※
【2級】 4,720円(税込)※
【3級】 2,850円(税込)※
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。
※2級や1級からの受験も可能です。
受験エリア
(試験会場)
【東京都23区内】23区内の高校・専門学校・大学など
【横浜市内】  横浜市内の高校・専門学校・大学など
※他の地域での受験をご希望の方はこちら

※ 受験料の他に受験級ごとに事務手数料として550円(税込)が必要です。

※ 事務手数料は受験票の発送から採点後のWEB成績票の運用、合格証書の郵送までの一貫提供にかかるシステム維持費用となります。

※試験施行が中止の場合を除き、いかなる理由でも受験料・事務手数料の返金や次回への振替えはできません。中止の場合は受験料のみを返金いたします。

※ 受験上の注意事項はこちら

※ 受験上の配慮はこちら

※新型コロナウイルス感染拡大に伴う検定試験の対応についてはこちら

受験方式 ネット試験
試験内容 2・3級
概要 全国のテストセンターで受験いただけるCBT方式です。詳細はこちら
試験日 【2級・3級】随時 ※受験停止期間を除く
試験時間
(制限時間)
【2級】90分
【3級】60分
受験料 【2級】4,720円(税込)※
【3級】2,850円(税込)※
受験資格 どなたでも受験可能

※ 受験料の他に受験級ごとに事務手数料として550円(税込)が必要です。

※ 詳細はこちら

日程一覧(筆記試験)

試験回 第161回 第162回 第163回
実施級 1・2・3級 1・2・3級 2・3級
試験日 6月12日(日) 11月20日(日) 2023年2月26日(日)
申込期間

【団体】4月11日(月)10:00~
    4月18日(月)18:00
【個人】4月25日(月)10:00~
    5月2日(月)18:00

【団体】9月20日(火)10:00~
    9月27日(火)18:00
【個人】10月4日(火)10:00~
    10月11日(火)18:00
【団体】12月20日(火)10:00~
    12月27日(火)18:00
【個人】2023年1月10日(火)10:00~
    1月17日(火)18:00
団体
払込締切日
5月6日(金)(団体支払) 10月14日(金)(団体支払) 2023年1月20日(金)(団体支払)
受験票
発送日
5月30日(月) 11月7日(月) 2023年2月13日(月)
受験票未着
問合せ期間
6月6日(月)・7日(火) 11月14日(月)・15日(火) 2023年2月20日(月)・21日(火)
WEB成績表
照会期間
【2・3級】7月1日(金)11:00~
      7月29日(金)18:00
【1 級 】7月26日(火)11:00~
      8月12日(金)18:00
【2・3級】12月9日(金)11:00~
  2023年1月13日(金)18:00
【1 級 】1月10日(火)11:00~
      1月27日(金)18:00
2023年3月17日(金)11:00~
    4月21日(金)18:00
合格証書
発送日
【2・3級】7月29日(金)
【1 級 】8月12日(金)
【2・3級】2023年1月6日(金)
【1 級 】2023年1月27日(金)
2023年4月11日(火)
合格証書
 未着
問合せ期間
【2・3級】8月5日(金) ~
     8月12日(金)
【 1  級】8月23日(火) ~
     8月26日(金)
【2・3級】2023年1月13日(金) ~
     1月20日(金)
【 1  級 】2023年2月3日(金)~
     2月10日(金)
2023年4月17日(月) ~
    4月21日(金)

※ 申込登録期間等、スケジュールを変更する可能性があります。

※詳細は受験票にてご確認ください。


※ 第160回日商簿記検定試験の受験要項(スケジュール)はこちら

※横スクロールできます →

詳細チラシ(PDFデータ)

試験案内ダウンロード

各級の基準・合格基準等について

各級 各級の基準 試験科目 制限時間 合格基準
1級 公認会計士、税理士などの国家試験の登竜門。極めて高度な商業簿記、工業簿記、原価計算ならびに会計学を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を理解し、経営管理や経営分析ができる。
1級の合格者は 税理士試験の受験資格が与えられます。
商業簿記・会計学 90分 70%以上
ただし、1科目ごとの得点は40%以上
工業簿記・原価計算 90分
2級 高度な商業簿記および工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表を読む力がつき、企業の経営状況を把握できる。相手の経営状況もわかるので、企業の経営管理に役立つ。
2級以上の合格者は 大学などの推薦入学に有利です。
商業簿記・工業簿記 90分 70%以上
3級 すべてのビジネスパーソンに必須の基本知識が身に付くとして多くの企業から評価されている。経理関連書類の読み取りができ、適切な処理を行えるようになる。 商業簿記 60分 70%以上

※ 会計基準および法令は毎年度4月1日現在施行されているものに準拠します。
出題区分表・許容勘定科目表の詳細につきましては日本商工会議所ホームページをご参照ください。

※横スクロールできます →

  • ・定員制を導入させていただく場合があります。最新情報はウェブサイトをご覧ください。
  • ・受験料・事務手数料払込み後の受験エリアの変更はできません。
  • ・試験会場は受験票でのみお知らせします。事前のお問合せにはご案内いたしかねます。
  • ・会場確保が困難なことから、試験会場のご希望を承ることが難しい状況です。お住まいとは離れた会場で受験していただく場合があることを予めご了承ください。
  • ・他の地域での受験をご希望の方は、商工会議所検定試験情報検索サービスをご覧のうえ、各地商工会議所へ申込方法・申込期間をお問合せください。